多汗症治療に効果が在ると言われている方法について

多汗症治療に効果が在ると言われている方法について

多汗症治療は皮膚の比較的浅い場所に在ると言われているエクリン腺の切除が有効だと言われています。


多汗症の症状を持つ人のエクリン腺は通常よりも大きいため、多汗症と言われているより多くの汗を分泌させてしまう作用が在ります。

そのため、多汗症治療ではこのエクリン腺を切除すると言った方法で行われる事が在ると言う事です。



但し、多汗症の症状と言うのは、人よりも多くの汗を分泌させる作用、暑くない時でも汗が分泌されるなどの精神的な発汗も在るため、多汗症治療では精神的な要因を取り除くことも必要だと言われており、エクリン腺を切除する外科手術だけではなく、精神性発汗を抑える治療も同時に行われて行くのが特徴です。

また、症状が軽度の場合などでは、外科手術を行わずに、精神的な要因を取り除くための治療や、生活を行う上でのアドバイスなどを行って多汗症治療を行う事も在ります。

精子的な要因で汗が分泌されると言うのは汗をかいたらどうしよう、汗をかいたら恥ずかしいと言った気持ちが発汗させるもので、予期不安を取り除く工夫を行う事が大切です。



因みに、制汗剤と言うのは汗の量を抑える効果を持つもので、スプレー式などになっており、一度噴射させることで約1日の持続効果が在るものや半日ほどの効果を持つものなどが在ります。



軽度の多汗症の症状の場合であれば、制汗剤を使う事で症状を抑えることが出来るようになりますし、満員電車の中などで予期不安が起きても汗の量を抑えられるケースも在るなどのメリットを持ちます。

Copyright (C) 2016 多汗症治療に効果が在ると言われている方法について All Rights Reserved.